カードローンに落ちる理由

カードローン審査とおりやすいのはここ!

銀行の審査が通らないときは?
安い金利で借りられるのはどこ?
急にお金が必要になったときは?

トップ画像

おすすめのカードローンはここ!

なぜ、カードローンがおすすめなの?

 女性木

急にお金が必要になったのに、お財布がスカスカで手持ちが全くない!

 

どうしよう‥大事な用事なのにお金がなくて参加できない‥銀行からお金を借りている時間の余裕もないし‥困ったなあ〜  

皆さんは、こんな思いをされた経験はありませんか?

 

こんな事態に備えて‥そう!ここでの「キーワード」は「急な事態に備えて」です。そして!「お財布代わりに」おススメしておきたいのが「カードローン」というものです。

 

カードローンというのは、キャッシングの一つの形態とは言えますが、少し使い勝手が違います。そしてキャッシングより、柔軟で便利なものと言えます。

おススメ!カードローンの特徴とは‥!?
 

カードローン契約では、契約を結ぶ際に「枠」というものをまず設定します。この「枠」は「限度枠」とも呼ばれ、この「枠」の範囲内で、お金を借りたり返したりを自由にその人の都合で行うことができるという特徴があります。

 

つまり、返済を続けてきたけれど、先に紹介したような緊急事態が発生した!そんなときでも安心して、枠の範囲内で「お財布代わりに」自由にキャッシングすることができるのです。

 

使う必要がなければ無理をして使う必要もありません。そのまま「枠」だけ残して「急な事態に備えて」おいてもいいですし、「枠」すら必要なければ解約することも自由です。

一度お金を借りたらそれを返すだけを繰り返すキャッシングと違い、カードローンの場合は、「枠」の範囲内でお金を借りたり返したり、そのまま「枠」だけ残していたり‥使い方がとても柔軟なことがご理解頂けるかと思います。想像してみただけでも、とても便利な存在ですよね。

カードローン審査落ちた理由

 

カードローンもキャッシングの一つの形態ですので、キャッシングの場合と同じように審査があります。この審査をクリアしなければカードローンを組むことはできません。

 

それでは審査では一体どんなことが問われるのでしょうか‥

カードローンの審査のポイントとは‥!?
 

先にも書きましたが、カードローンの審査でもキャッシングの場合と似たような審査が行われます。

 

ただし、あくまで「枠」の設定の審査ですので、実際にお金を貸し付けるキャッシング審査よりは緩めの結果が出やすいようではあります。

 

審査では「貸したお金がきちんと返ってくるか」ということにスポットライトが当てられます。

ですので、それを裏付けるもの‥つまりは年収や居住形態(持家か賃貸か)、本人の与信調査(これまでクレジットカードの支払いなどお金関係の支払いで延滞がないかなど)、また他からの借入れ状況なども重要なチェックポイントとなってきます。

審査に通る重大ポイント!「むやみやたらに「枠」を作らない!」

この「枠」という日本語はその名が示すとおり、一定限度の数量を示す指標ですので、決して無限なものではありません。

従って、年収などと比較して、他社のクレジットカード枠などがたくさん設定されすぎると、この「枠」を定員オーバーということになり、審査に通りにくくなる傾向にあります。

これはエレベーターの定員オーバーでブザーが鳴るのと同じ理屈ですね。「枠」には相応(そうおう)というものがあることを認識しておくのは重要なポイントと言えます。

逆に言うと、これらのポイントをきちんと整理しておき、「枠」を設定しやすい環境を作ってあげることが審査に通るポイントと言えるでしょう!

カードローン審査に通過する条件

 

これまで説明してきた内容は、カードローンの審査に落ちる条件でもあり、逆に審査に通過する条件でもあります。

審査に通るためにできることをする!
 

一つ一つのポイントは個人の努力でどうにもならない要素(年収など)もありますが、個人の努力次第で何とかなるポイントも隠されていることがご理解頂けることでしょう。

 

そこで、審査に通るために‥まずは自分を取り巻くお金の状況を見直すことから始めましょう。

 

そして、次のステップとして、上で紹介したようなチェックポイントをもとに、お金の流れを川の流れのようにキレイに整理していく作業を進めていくと良いでしょう。

 

これらをぐちゃぐちゃにしたまま特攻するのは適切な方法とは言えません。

 

敵を知り、己を知ること‥戦(いくさ)でもカードローンでもこれは全く同じことが言えますね。

おまとめカードローン詳しく教えて?

青空女性

複数の銀行や消費者金融などからキャッシングをしていると、それぞれ業者さんによって返済の期日が異なりますので、キチンと指定の返済日にお金を準備するのが大変です。

ついうっかり入金し忘れてしまったりすると、場合によっては遅延損害金が発生したり、指定の銀行への振込手数料が必要になったりとお金のリスクも大きいと言えるでしょう。

そんなことでお困りの方に是非検討して頂きたいのがおまとめローンという方法です。

おまとめカードローンはお得!?

テレビCMやインターネット広告で目にしたり、耳にする機会が増えましたので、何となく言葉だけは聞いたことがある‥という方もおられるかも知れません。

おまとめローンというのは簡単に言うと、複数の業者さんから借り入れているお金を一つの業者さんに集約させるということです。借金を一つにする!ということですね。

これにより、返済するお金も管理しやすくなりますし、時間も節約できるようになります。上手く利用できれば利息を減らすことができる場合もあります。

利息を減らすことにより、毎月の返済額が少なくなる場合も十分にあり得ます。複数の借金にお悩みの方は検討する価値の大きい方法と言えるでしょう。

おまとめローンのメリット・デメリットは‥?
 

おまとめローンのメリットは先に指摘した内容のとおりです。かなりお得な内容がぎっしりですよね。

 

では、この場合のデメリットとはどんなものがあるでしょうか。

利息が減る場合もあるということは、逆に言うと利息が増える可能性もあるということです。

 

ただこの場合は利用しなければ良いだけの話ですので、おまとめローンについて一通り検討した後の課題と言えるでしょう。

 

それ以外にはあまりデメリットらしいデメリットは思いつきませんね。ですので、十分前向きの検討する価値のある方法と言うことができそうです。

カードローンは借り換えできるの?

女性メモ

突然の質問ですが、カードローンを利用するとき、意識するポイントって何が思い当たります?

 

カードローンを利用し始めのころはあまり気にかけないかも知れませんが、支払いが長くなるにつれて、金利がだんだんと負担に感じられるようになってくることでしょう。

 

それはそうですよね。ここに50万円預金があると考えて下さい。ご自身の預金利息が5%の場合、10%の場合、15%の場合‥一年後にどれくらいの金額になっていますか。そして、この差は年々大きく開いていくのがお分かりでしょう。

借り換えを検討してみる!
 

カードローンやキャッシングでも全く同じことが言えます。金利が違うと返済総額も同じように大きく違ってきますよね。少しでも返済総額を減らしたいと誰もが当然のように考えます。

 

そんなときに検討してみたいのが、「借り換え」という方法です。

 

必要以上に高い金利を支払わされている‥そう感じたときにおススメの方法と言えるでしょう。

 

借り換えというのは、仮にA社でカードローンを組んでいるとき、この会社の金利が高いので、より安い金利を提供してくれるB社に乗り換えしよう!ということで、至ってシンプルな内容です。

 

きちんと定期的に返済が行われていて、借入れを行った当初に比べて、知らず知らずのうちに個人の信用がアップしている方、借入れを行った当初はカードローンの知識が乏しく、身近な業者さんとカードローン契約を結んでしまったけど、実は個人の属性(評価)が高かった‥などという方もおられるかも知れません。

 

そのような方は借り換えを行って、金利ダウンを目指してみるのも一つの方法です。

借り換えローンから見えてくるもの‥それは自分を知るということ
 

実際に借り換えの申し込みを行うか、あるいはできるかどうかは別として、ご自身に設定されている金利が適正なものかどうか、確認しておくのは大事なことです。

 金利は当初は「与えられるもの」ですが、利用者の側であっても、いつまでも「与えられるもの」に甘んじておく必要もありません。

 

ご自身のカードローンの適正な金利を知るということ‥これは「自分を知る」作業そのものと言えるでしょう。


アコムについて教えて? 無利息カードローンって? 自営業は審査厳しい おすすめのカードは?